新TOEIC超速スコアアップ法
英語マスターパーフェクトマニュアル

心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

英会話学校の先生であるカリンさんのブログ「学ぶだけの英語は卒業した。」から以下引用させていただきます。

Rhonda Byrne(The Secret製作の中心人物です:トニー注)が
インタビューのなかで
「あたかも今日、願っていものを受け取るかのように行動する
(Act as if you were receiving it today.)」
ということを言っていました。

どういうことかというと、
たとえば新しい車が欲しいとします。

もし今日新しい車が手に入るとすれば
古い車を売ったり、だれかに譲ったりするために
車をきれいにするはずだと言うんですね。

そう言われてみると、
「欲しい、欲しい」といいながら
いざ今日手に入るとなると
受け取る準備ができてないことというのは
けっこうある気がします。

「すでに手にいれているように行動しろ」というのが
これまで、いまひとつしっくりこなかったのですが
ちょっとヒントを得られたような気がしました。

ということです。
これは英語についても同じことが言えるんです。

使える英語を身につけたら自分は何をしたいのか、
紙に書き出してください。

そしてその「英語を使ってしたいことを実際にしている自分」を
明確にイメージしてください

できる人はイメージできない人よりも英語の上達が速い、つまり
はやく「欲しいものを手に入れることができる」わけです。

英語自体のことはいろいろなサイトや参考書に書いてあると思いますが、
けっこうこういう根っこの部分がしっかりしていないと、
なかなか樹が思うように成長しないと思います。
こういうことを軽視せずにしっかり捉えると、
結果的に、英語上達の速度にも大きな差が出ると思いますよ。


最後に重要なお知らせです。
ザシークレット出演者であり、国際的な講演家のディマティーニ博士による
貴重な初来日講演会が2月に大阪と東京で行なわれます!
詳細はコチラをご覧ください!!



心に留めておきたい言葉!


☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

"Be the change you want to see in the world"

マハトマ・ガンディー(Mahatma Gandhi)の言葉です。

何かを変えたけりゃ、まず自分が変わること。
自分が変革の発端になることだ・・・。

やはり偉業をなした人の言葉はどれもズシリときます。

でもなにもガンディーじゃなくても、
誰でも身近なところから
「まず自分が変わる」ということは始められますよね。

それは親との関係だったり、パートナーとの関係だったり、
友人との関係だったり、同僚との関係だったり、隣人との関係だったり・・・

いろいろあります。

周囲を責める前に、
まず自分に変われる余地がないのか考えるということ。
私も反省することが多々あります。

ところで、このガンディー氏の伝記映画をご覧になったことはありますか?
アカデミー賞も多くの部門で獲得した素晴らしい感動作。勇気をもらえます。

ガンジー

心に留めておきたい言葉!

☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

“Just because a man lacks the use of his eyes
doesn't mean he lacks vision.”


Songs in the Key of Life』や『Innervisions』をはじめ、
数々の素晴らしすぎる作品を出している
私も大好きなスティービーワンダー(Stevie Wonder)の言葉です。

彼は毎回膨大な数の曲を書き、その中から厳選に厳選を重ねて
アルバムを作っているといわれています。
日本では彼の曲を平井堅らがカバーしたり、
時々コマーシャルで使われたりもしていますよね。

彼はたくさんの楽器を自分で演奏しますが、
私はやはり彼の歌とハーモニカが好きですね。
ほんと素晴らしいです。


さて、そんなスティービーワンダーは保育器内の過量酸素が原因で、
生後まもなく目が見えなくなったといわれています。

でも、目が不自由だからといってもビジョンがないわけではない
と彼は言いました。

世の中には目が見えてもビジョンがない人がいます。
日々を「生きる」のではなく
やらなければならないことに追われて「過ごす」だけの人です。


あなたが英語を勉強するのはなぜですか?


ビジョンがあるかないかでやる気も上達の度合いも違ってきます。

英語は「目的」ではありません。「手段」です。
英語を使ってあなたは何をしたいのですか?

引退を表明したヒデことサッカーの中田英寿選手が
英語で記者会見をしているところをみたことがあります。
いいたいことはしっかり伝えることのできるレベルの英語でした。

彼は高校生のときから将来を見据えてイタリア語を勉強し始め、
イタリアにいるときには英語を勉強していたらしいです。

ほかにも簡単なフランス語、スペイン語、ポルトガル語なども話す様子。

どうして彼はこんなに話せるのでしょうか。
しかも彼はたんなる外国語オタクではなく、
一流のプロスポーツ選手だったのです。

彼には明確なビジョンがあったのだと思います。

英語習得の先にあるあなたのビジョンはなんでしょうか・・・?


心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


"Kind words can be short, but their echoes are endless."

あのマザーテレサ(Mother Teresa)の言葉です。

言葉というのは、人の命を助けることもできるほど、パワフルです。
ちょっとした親切なことばが、人生を変えることがあります。

たとえば同僚からのメールでこんな話もありました。

以心伝心なんてことばもありますが、
言葉にしなければ伝わらないことも多いはず。

ろうそくの火は、シェアしてもなくならず、
どんどん周囲を明るくすることができます。

日ごろお世話になっている人、
家族や友人に、日ごろ言わない感謝の気持ちを伝えてみる
というのもいいかもしれませんね。



心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

“Whether it's praise, love, criticism, sorrow,
        laughter, care, pain, or pleasure...
the more you give, the more you receive.”


アメリカやオーストラリアなど、英語圏をはじめ各国で話題になった
『ザ・シークレット』にも出演したマイク・ドゥーリーという人の言葉です。

喜びでも悲しみでも愛でも何でも、
与えたものはいつか自分に還って来るんですよね。
もちろん与えた相手から還ってくるとは限りませんが、
どこからか、何らかのかたちで自分に還ってくると感じています。


何でも「手に入れてやろう」というreceiverよりも、
「周りの人とシェアしよう」というgiverのほうが、
最終的にはいろんな意味で豊かな人生を送るのではないかと思います。



最後に重要なお知らせです。
ザシークレット出演者であり、国際的な講演家のディマティーニ博士による
貴重な初来日講演会が2月に大阪と東京で行なわれます!
詳細はコチラをご覧ください!!



心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

“Whether you think you can or
        whether you think you can't,
                    you're right!”


自動車の普及に貢献したヘンリーフォード(Henry Ford)の有名な言葉です。

「俺にはできるんだ!」という人と「そんなこと俺にはできないな」と
いう人がいる。どちらが正しいのだろうか。

どちらも正しいんですね。

できると思えば、それからどんどん新たな可能性の扉が開いていき、
できないと思えば、その人にはそこにある可能性の扉が見えずに、
ただ立ち尽くすだけです。

英語の勉強でも、

“This is too hard!”とか“I can't do it!”というように、
「難しいよ」「できないよ」と絶対に言わないでください。
こういう発言をすると、そこで思考が停止し、
前進できる可能性を捨てることになります。

「できない」のではなく、
「まだやってないだけ」「まだやりかたを見出してないだけ」です。
“I can do it!”つまり「できるんだ!」とまず考えれば、
“How can I do it?”つまり「どうやったらできるだろうか?」という
次のことを考えることができます。

そして自分の焦点をぶらさずにコツコツやっていれば、
必ず道がみえてくるものですよね!


心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

同僚からこんなメールが来ました。
数年前にももらったことがあったのですが、
世界中をまわってまた戻ってきました。

ちょっと長いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
いいお話なので、プリントアウトしてでも読んでみてください。

このブログを読んでくださっているすべての人に捧げます。


A teacher in New York decided to honor each of her
seniors in high school by telling them the difference
they each made. She called each student to the front
of the class, one at a time. First she told each of
them how they had made a difference to her and the class.

Then she presented each of them with a blue ribbon
imprinted with gold letters, which read, "Who I Am
Makes a Difference."

Afterwards the teacher decided to do a class project
to see what kind of impact recognition would have on a
community. She gave each of the students three more
ribbons and instructed them to go out and spread this
acknowledgment ceremony. Then they were to follow up
on the results, see who honored whom and report back
to the class in about a week.

One of the boys in the class went to a junior executive
in a nearby company and honored him for helping him
with his career planning. He gave him a blue
ribbon and put it on his shirt. Then he gave him two
extra ribbons and said, "We're doing a class project
on recognition, and we'd like you to go out find
somebody to honor, give them a blue ribbon, then give
them the extra blue ribbon so they can acknowledge a
third person to keep this acknowledgment ceremony
going. Then please report back to me and
tell me what happened."

Later that day the junior executive went in
to see his boss, who had been noted, by the way, as
being kind of a grouchy fellow. He sat his boss down
and he told him that he deeply admired him for being a
creative genius.

The boss seemed very surprised. The junior executive
asked him if he would accept the gift of the blue
ribbon and would he give him permission to put it on
him. His surprised boss said, "Well, sure." The junior
executive took the blue ribbon and placed it right on
his boss's jacket above his heart.

As he gave him the last extra ribbon, he said, "Would
you do me a favor? Would you take this extra ribbon
and pass it on by honoring somebody else? The young
boy who first gave me the ribbons is doing a project in
school and we want to keep this recognition ceremony
going and find out how it affects people."

That night the boss came home to his 14-year-old son
and sat him down. He said, "The most incredible thing
happened to me today. I was in my office and one of
the junior executives came in and told me he admired me
and gave me a blue ribbon for being a creative genius.
Imagine. He thinks I'm a creative genius. Then he put
this blue ribbon that says: "Who I Am Makes a Difference,
on my jacket above my heart. He gave me an extra
ribbon and asked me to find somebody else to
honor. As I was driving home tonight, I started
thinking about whom I would honor with this ribbon
and I thought about you.

I want to honor you. My days are really hectic and when
I come home I don't pay a lot of attention to you.
Sometimes I scream at you for not getting good enough
grades in school and for your bedroom being a mess, but
somehow tonight, I just wanted to sit here and, well, just
let you know that you do make a difference to me.
Besides your mother, you are the most important
person in my life. You're a great kid and I love you!"

The startled boy started to sob and sob, and he
couldn't stop crying. His whole body shook. He looked
up at his father and said through his tears, "Dad,
earlier tonight I sat in my room and wrote a letter to
you and Mom explaining why I had killed myself and
asking you to forgive me. I was going to commit
suicide tonight after you were asleep. I just didn't
think that you cared at all. The letter is upstairs.
I don't think I need it after all."

His father walked upstairs and found a heartfelt letter
full of anguish and pain. The envelope was addressed,
"Mom and Dad."

The boss went back to work a changed man. He was no
longer a grouch but made sure to let all his employees
know that they made a difference. The junior executive
helped several other young people with career planning
and never forgot to let them know that they made a
difference in his life...one being the boss's son.

And the young boy and his classmates learned a
valuable lesson. Who you are DOES make difference.

You are under no obligation to send this on to
anyone...not to two people or to two hundred. As far
as I am concerned, you can delete it and move on to
the next message. But if, you have anyone who means a
lot to you, I encourage you to send him or her this
message and let them know. You never know what kind of
difference a little encouragement can make to a person.

Send it to all of the people who mean anything
important to you, or send it to the one, two, or three
people who mean the most. Or just smile and know that
someone thinks that you are important, or you wouldn't
have received this in the first place. Remember that!
I give you a blue ribbon.

WHO YOU ARE MAKES A DIFFERENCE,
AND I WANTED YOU TO KNOW THAT!!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Man is a genius when he is dreaming.”

黒澤明氏の言葉。

「夢」をみるということは、誰にでもできることです。
でもそれを常にしているか、
それとも日常の些事にとらわれてしまい、
「夢」をみることを忘れてしまうか。

そこが分岐点だと思います。


因みに、日本にいたときは海外にばかり目が向いていた自分が
初めて黒澤映画(英語字幕つきでした)をみたのは、
オーストラリアに来てからでした。




心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“The possession of anything begins in the mind.”

私の好きな、ブルース・リーの言葉です。

やはり何事も、自分の中で明確になっていなければ
なかなかうまくいかないですよね。

明確にするには、最初は誰かの真似をすることでもいいんです。

私もよく言いますが、英語を学ぶ際も
「この人のしゃべり方は格好いいなあ」という見本をみつけ、
その人の話し方を徹底的に真似をする。
「本人になりきる」ということが重要です。

その後、ほかにも見本となる人が出てきたりして、
いろいろな影響を受ける中で、自分なりのかたちを
発見するのではないかと思うのです。

それから、「格好いいなあ」というあこがれや、
「面白い」といった楽しさは、何を学ぶにしても重要。

そういったものがしっかり自分の中にあれば、
それが燃料となって走り続けることができます。

そして必ず「いいなあ」と憧れていたものを
手にすることができると思うのです。

因みに私は『ドラゴン』という
映画が大好きです。ブルース・リーの生涯を綴ったものですが、
アクションだけでなく、人間ブルース・リーを焦点に、
アメリカに渡った彼の格闘や家族愛、当時はあからさまにあったであろう
東洋人に対する偏見などをよく描いています。
もう何度観たことか。パワーをもらえる映画です。
ドラゴン/ブルース・リー物語


心に留めておきたい言葉!


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

“Happiness depends upon ourselves.”

古代ギリシャの哲学者であるアリストテレス(Aristotle)の言葉です。

10年ほど前に、銀座で相田みつを氏の

「しあわせは じぶんの こころがきめる」

という作品を見て、「ああ、そうか!」とやけに感銘を受け、
一時彼のその作品を部屋に飾っておいたのを思い出しますが、
そんなことはもうず〜っと昔から言われていることなんですよね。

どんな状況においても、happyにもunhappyにもなれる。

それは自分が選ぶことなんですね。

因みに、相田みつを氏の作品が英訳つきでも出ています。
アメリカの作詞家ジェンセン氏の訳で、
いまここ―THE HERE AND NOW』などいくつかありますので、
好きな言葉を英語で憶えてみるのもいいかもしれませんね!
いまここ―対訳 相田みつを作品集


心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

“To know oneself is to study oneself in action with another person.”

私の好きな、ブルース・リーの言葉。

これはなにもカンフーや人生だけでなく、英語でも同じです。
英語は(最終的には)ただ勉強して試験で点をとるために
あるわけではありません。その実力は、

誰かとコミュニケーションを図るときにあらわれる

と思います。

そしてまた、
「駅で道を訊かれたけど何ていっているのか分からなかった」
「旅行先のレストランで注文したら違うものがでてきた」
「ペンパルに手紙を書きたいけど、どうやって書いたらいいのか」

というように、
実際に誰かとコミュニケーションをとろうとして
うまくいかないとき、本当に自分の力をよく知ることができ、
またその悔しさがエネルギーになると思います。

逆に、
「駅で道を訊かれたので教えることができた」
「飛行機で隣に座った外国人と話がはずんだ」
というようにちょっとしたことでも、
実際に英語を使ってそれが通じたという自信があれば、
それもまたエネルギーになって、さらに上達しようと思うことでしょう。




心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“What we play is life. ” (Louis Armstrong)

ルイ・アームストロングをご存知ない方も、
「この素晴らしき世界(What a Wonderful World)」
をダミ声で歌っているオヤジといえば、ピンと来るかもしれません。

以前テレビを観ていたときに、
人間の愚行である戦争の映像とともに、
「この素晴らしき世界」がバックに流れていて、
涙が出てきたことがあります。


その「この素晴らしき世界」は「サッチモ・ベスト」などで聴くことができますが、

個人的には、彼が「星に願いを」などの
ディズニーの曲を歌う心温まる「サッチモ・シングス・ディズニー」や、
サッチモ・シングス・ディズニー(デジタル・リマスター盤)
エラ・フィッツジェラルドと共演し、しかもバックをオスカーピーターソンら
最高のメンバーが支えている「エラ・アンド・ルイ」が大好きです!


自分のやることイコール人生だと言えるには、
まず自分が好きなことやって生きているかをしているかどうか
というのが重要だと思います。

“What we play is life. ”とは、

まさに歌とトランペットに人生を捧げた彼に相応しい言葉です。



心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!

“I believe that one of life's greatest risks is never daring to risk. ”

オプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey) の素晴らしい言葉です。
やはりリスクを負わずして大事は成せないということでしょうね。

オプラ・ウィンフリーの日本での知名度はかなり低いですが、
アメリカをはじめ英語圏で絶大な人気を誇るのトークショーの司会者であり、
さまざまなビジネスを所有する資産家でもあります。

チャリティーにも熱心で、
今まで推定250億円(!)もの寄付をしているようです。

彼女のウェブサイト(英語)はこちらです。→OPRAH.com



心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Strong reasons make strong actions.”  (シェイクスピア)

何をするにも、強烈で明確な「理由」がなければ、絶対長続きしません。

「理由」が不明確なまま何かをしなければならないとき、
それは非生産的であり、楽しいものではありません。

確固たる「理由」があれば、他人からみて「大変だなあ」と
思うことでも楽しくてしょうがないですし、
試行錯誤をしても必ず目的を達成できます。

「理由」は行動を起こす際の爆発的な燃料です。

シェイクスピアといえば、こんな映画もありましたね。
アカデミー賞も受賞しました。
グィネス・パルトロウがよかったなあ。
恋に落ちたシェイクスピア コレクターズ・エディション


心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“I can accept failure, but I can't accept not trying. ”

バスケットボールの「神様」といわれた
マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)の言葉です。

失敗は受け入れるが、挑戦しないということは受け入れられない・・・。

誰でも偉業を成し遂げた人の言葉というのはカッコいいですね。
失敗をおそれず常に前進していきたいと思っています。

彼の神業は、バスケをやらない人も必見です。鳥肌モノですよ。
マイケル・ジョーダン / HIS AIRNESS 特別版



心に留めておきたい言葉!


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Success is 99 percent failure.”

これは本田宗一郎氏の言葉。

99%ですか・・・。
偉業を成し遂げた人ほど
数え切れない「失敗」をしている。
だからこそ、何かを成し遂げるには「失敗」は避けられないんだということが
身にしみて分かっているのかもしれませんね。

ま、それらを「失敗」と呼ぶか「経験」と呼ぶかは個人の好みですが。

オーストラリアでもホンダは人気があり、
車好きな人はホンダの車に乗っている人が多いです。


心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Mistakes are part of the dues one pays for a full life. ”


これは女優ソフィア・ローレンの言葉です。
ストーリーは単純ですが、見渡す限りのひまわり畑と
素晴らしい音楽が印象的だったあの映画
ひまわり」が私にとっては彼女の代表作です・・・。
ひまわり《デジタルリマスター版》
毎日をなんとなく生きていれば、
それほど失敗をして痛い目にあうこともないけど、
限られた自分の人生をフルに生ききろうとすれば、
さまざまな試行錯誤はまぬかれないものだと思います。



心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

“We immediately become more effective
     when we decide to change ourselves
        rather than asking things to change for us. ”


これはスティーブン・コビー(Stephen Covey)の言葉ですが、
日本では彼の『7つの習慣』という本が10年位前に
ベストセラーになったので、
名前を知らない方も、本なら知っているという方もいるかと思います。
7つの習慣―成功には原則があった!

日本の本屋でアルバイトをしていたときに
この本が飛ぶように売れていたのですが、
当時はその本には全く興味はなく、
実際にはオーストラリアに来てから読んだものです。

とにかく自分の中から変わらなければ、
自分の置かれた環境・周りの人との関係など、
つまり外の世界を変えるのは至難の技。

ちょっとずれる話かもしれませんが、
英語上達を目指す方も、実は上達のカギは
どの教材を使うのか、誰から教わるのかというよりも、
まず自分自身が英語に対してどういった意識を持っているかというものを
とことん見つめなおすことにあるかもしれませんね!



心に留めておきたい言葉!



こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Contentment means containment.”

Contentmentとは「満足」、
containmentは「抑制」という意味です。


「この辺で満足満足」と自分で納得してしまうと、
それはそこからの自分の成長を妨げることになります。

英語にしても何にしても、
常に向上・改善を目指していきたいと思っています。


有名なスピーチや名言には、ただその言葉の重みに
共感することもありますが、

Contentment means containment.”

この言葉のように、似たような言葉を使ったり、
または対比することによって印象が深まるものもありますよね。


☆☆☆☆☆

英会話スクールに行かないでも上達する勉強法【特典付】

☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!



こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“For every promise, there is a price to pay.”



ジム・ローンのメルマガにあった言葉です。
Jim Rohn Weekly E-zine
周囲の人との約束にしても、自分自身に対する約束にしても、
一度決めたことを達成するには、
それなりのprice(代価・犠牲)を払わなければなりません。


逆に言えば、なにかをすると決めたとき、
どんなpriceを払うのかということを明確にしなければ、
なかなかそれらの約束を守ることはできないでしょう。


☆☆☆☆☆

英会話スクールに行かないでも上達する勉強法【特典付】

☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!




心に留めておきたい言葉
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Destiny is a matter of choice, not chance. ”
(運命とは選択の問題であって、可能性の問題ではない)


これはジャパンタイムズ[週刊STオンライン]でみつけた言葉。


まさにそのとおりだと思いました。


人生は自分で切り開いていくものです。
自分は環境の産物ではなく、環境は自分で作り出すもの。

人生は選択の連続。日常にもたくさんの選択に溢れています。
何時に起きるか、何時に寝るかという選択。
どんなものを食べるかという選択。
毎日をどんな気持ちで過ごすかという選択。
どんな職業を選ぶかという選択。
どんな人とつきあうかという選択。
どんなことを考えるかという選択。
どんな行動をとるかという選択・・・。


英語にしても同じです。

本当に何が何でも喋れるようになりたいのか。
それとも「喋れたらいいな」くらいの願望にすぎないのか・・・。


どんな英語をしゃべりたいのか。
試験で高得点を取るためなのか。
英語を使って何をしたいのか。
日常会話ができればいいのか。
ビジネス英語を身につけたいのか。
翻訳・通訳などのスキルを身につけたいのか。
そのためには何をすべきなのか・・・。

そう、これらは決してchanceによってもたらされることではなく、
自分のchoiceで手に入れていくものだと思います。

Destiny is a matter of choice, not chance...

いい言葉だと思いませんか?



☆☆☆☆☆

英会話スクールに行かないでも上達する勉強法【特典付】

☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!


心に留めておきたい言葉


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Make it a Great Week!”

これは、私が購読している
ジムローンの週刊メルマガの締めの言葉です。


ふだん“Have a good day.”とか
“Have a nice weekend.”などといいますが、

ただ“Have”だと、
「いい一日を過ごしてください
または「いい週末を過ごしてください
というようなニュアンスです。

一方、

“Make it an awesome day!”または
“Make it a fantastic weekend!”のように

“Make it”とすると、
『いい一日に「なる」』というような受動的なものではなく
『いい一日に「する」』という能動的な意図が
より明確になる感じがします。

ま、こんな言い方はふだんはあまり聞かないんですけどね。

でも“Have”ではなく“Make it”と言っているところに
「いい日かどうかは、成り行きまかせで決まるのではなく、
自分自身の選択なんですよ」
というメッセージが感じられます。


そうそう、私も
“I had a bad day today.”
というような言い方は絶対しません。
なぜならいい日かどうかというのは、
自分に起こること起こったことで決めるのではなく、
自分自身の選択、つまり瞬間瞬間の出来事をどう受け止めるかだからです。


それではみなさん、
Create a wonderful day!



☆☆☆☆☆

英会話スクールに行かないでも上達する勉強法【特典付】

☆☆☆☆☆

いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!









こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“One can never consent to creep
          when one feels an impulse to soar. ”


これはヘレンケラーの言葉です。
彼女が言うと説得力ありますよね。

自分が向上心を持っているとき、
自分の境遇なんて全く関係ないんですよね。

Helen Keller in Her Story”はアカデミー賞も受賞した、インスピレーションを受ける作品。
Helen Keller in Her Story


☆☆☆☆☆

英会話スクールに行かないでも上達する勉強法【特典付】

☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!


心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


昨夜、あるセミナーに行ってきました。
そのセミナーの中で印象に残った言葉がありました。


それは“FOCUS”です。


“FOCUS”というのは、
Follow One Course Until Successful”
という意味だ、というのです。


まさにそのとおりですね!

英語の勉強もちょっと壁にぶち当たったからといって
投げ出してしまったら、所詮それまで。

でも一意専心してあきらめずに続けていけば、
きっと自分の望む結果が得られることでしょう。


“FOCUS”

いい言葉だと思いませんか?


☆☆☆☆☆

英会話スクールに行かないでも上達する勉強法【特典付】

☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!


心に留めておきたい言葉!
こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“The best and most beautiful things in the world
             cannot be seen or even touched.
                They must be felt within the heart. ”



世界でいちばん美しいものは、
目に見えなければ触ることもできない。
それは心の中で感じるべきものだ・・・。

ヘレンケラー、素晴らしすぎです。
いうことありません。


そういえば以前、英語だったか日本語だったか
どこで聞いたのか読んだのか、全く憶えていないのですが、
こんな話がありました---

有名なトップモデルの美女。
彼女はふだんから周りの男たちからちやほやされていて、
彼女自身もそれに自信を持っています。

そんな彼女がある日、ある男性と食事することになったそうです。
ふつうの男たちは彼女との食事は嬉しくて仕方がありませんが、
その男性は特にそういった素振りもみせません。
彼女は不思議に思いました。
食事が終わった後、その男性は言いました。

「私があなたを好きになる理由は何かありますでしょうか。」

そのとき彼女は気づきました。

その男性は目が見えなかったのです。

目が見えない男性を前に、そのトップモデルは
自分という人間の内面を見る目にやっと気がつき、
泣き出してしまいました。


---確かこんな話でした。違っていたらごめんなさい。
どなたかこの話の元をご存知でしたら教えてください。


心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Life is either a daring adventure or nothing.”

これはよく引用されるヘレンケラーの言葉です。

日本にいたら日本語だけ喋っていれば生活できますよね。
でもその中で、日本または日本人という殻を破って
ほかの国の人や文化に触れようとするとき、
何か新しい世界が広がると思います。

どうせ一度きりの人生ですから、
adventurousなものにしたいです。



心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


昨日Cyndi O'Mearaという栄養士の人の講演を聴いてきました。
その中で彼女はこんなことを言ってました。


時間を創り出す4つの方法:

Turn the TV off:
時間がないといいながら、多くのオーストラリア人は
テレビを毎日数時間観ているそうです。
私もDVDやビデオは観ますが、
ふつうのテレビ番組はニュースも含めて観ません。
ニュースを知りたい場合は、ネットでチェックします。


Wake up early
シンディーさんは、子育てをしながら、
毎朝4時半から7時半までの3時間を、本の執筆に当てていたそうです。
でも、私の感覚では、7時半まで自分の好きなことをしているというのは
独身でもない限り、ちょっと難しいですよね。

でも好きな洋画をみるにしても、洋書を読むにしても、
英検やTOEICの試験対策をする人も、
朝のフレッシュな頭ですると、夜の疲れた頭でやるのとだいぶ違います。
シンディーさんのように3時間とれなくても、
1時間でも30分でも15分でもいいので、
今までより少しだけ早起きするというのもいいと思います。


Declutter
家の中に、自分が好きでないものがあったら、
捨てるなり寄付するなりして、家の中をすっきりさせること。


Get organised(「米」語ではorganizedと綴りますね。):
整理整頓し、仕事をしやすくすること。散らかっていると、
どこになにがあるか分かっているつもりでも、
意外と探し物に時間をとられたり、
またはやる気をそがれたりします。



シンプルなことですが、大事ですよね。
英語を勉強する時間がとれない・・・という人は
この4つをもう一度見つめなおしてみると、時間を創り出せるかもしれませんよ!


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“All fixed set patterns are
     incapable of adaptability or pliability.
        The truth is outside of all fixed patterns.”


これはブルース・リーの言葉。

ここでいう“fixed set patterns”というのは、
武道でいう「形(かた)」だろう。

形をとことんやりこんできたであろう彼が、
形の限界を主張していることに意味がある。

基本稽古、そして実践(実戦)。

基本ばかり自分でやるだけではなく、
日ごろから実戦を明確に想定して行ない、
そして実際に他の相手と交わってみなければ
発展はない。

これは英語の上達でもそのまま当てはまることですよね。


心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Your mind is your future.”

今日は一日中、あるセミナーに行ってきました。
さまざまな講演を聴きましたが、
そのなかでPat Mesitiという人はかなりすごかったですよ。

1時間半、ステージをところ狭しと動き回りながら、ずっと喋りっぱなし!
しかもあの江頭2:50の登場するときような(笑)
かなりのテンションでです!
そして、60秒に一回は会場がドッと沸くようなギャグ。


その彼が言っていた言葉です。


“Your mind is your future.”


まさにそのとおりだと思いませんか?
毎日どのような自分を心に描いているかが、私たちの将来をつくるのです!


英語をペラペラに話している自分を明確にイメージできる」

または

「大好きなハリウッド俳優に完全になりきることができる」

というように、まず自分が英語を自由自在に操っている様子を
イメージできるかというのが重要
です。

あなたのパソコン、机、服、部屋にあるもののほとんどが、
まず誰かが頭に描いたもの。それをもとに作られたのです。

あの大リーガーも、あのサッカー選手も、
小さいころにテレビで活躍する選手に憧れ、
いつか自分も、と思っていたはずです。


まず、自分の中に明確なイメージを持ちましょう。


こういう話を聞いたとき、「I know!」「そんな話は今まで何度も聞いたよ!」

とつい言ってしまうこともあります。
でも知っていることと実際に毎日実行していることは全く別物です!


英語の勉強の前にこれを実行するだけでも、
必ずあなたをレベルアップを加速させるでしょう!


心に留めておきたい言葉!







こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


NHKの英語でしゃべらナイトは、いろいろな人から
インスピレーションをもらうことが多く、私もとても好きな番組です。


先日の番組で郷ひろみさんが言っていた3つの言葉:

1.Thought(考えること)
2.Action(行動すること)
3.Continuation(続けること)

これはよく言われることですが、実際に意識的に実行している人は
少ないと思います。


以下は収録後のコメントも素晴らしいです。

「人は努力し続けることで、なりたい自分になれると思っています。
そのためには相当努力をしないといけませんが、
やる気があれば誰でもできるし、理想に近づけるもの。
僕でもできたから…。でも、まだまだです。
人間の成長にリミットはありません。
描く理想によって色んなステージにいけると思うので、
いつまでも初心を忘れずに「もっと上、もっと上へ」
と努力し続けていきたいです。
意志を持って、これからも英語や音楽を続けていこうと思っています。 」

英語でしゃべらナイトhttp://www.nhk.or.jp/night/より引用)


素晴らしいですよね!とくに彼のファンではないですが、
以前オーストラリアでコンサートを開いたときに
こちらの日系新聞の取材に応じた記事にも
同じようなことが書いてあり、感心しました。

たまに英語学習のモチベーションが下がってしまうこともあります。
そういうときにも英語でしゃべらナイト
インスピレーションを与えてくれるいい番組だと思います。

それではまた!



こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“An expert at anything was once a beginner.”

どんな専門家も、最初は初心者だった


これはある学校の教室の壁に貼ってあった標語。
周りには青虫と蝶の絵が描かれていました。

自由に空を舞う蝶も、最初は葉っぱの上を這い蹲る青虫だったんだ。

そう、どんなに何かに秀でた人も、最初からそれができたわけではない。

当たり前のことだけど、つい忘れてしまうことってありますよね。


危険なのは、「あの人は才能があったからだ」とか、
「あいつは運が良かったんだ」などといって、
そうなれない自分を安心させること。


いや、もしかしたら、何かに秀でている人は、才能があったのかもしれない。
その才能とは、「好きなことに没頭できる」ということ。


世界レベルで戦う水泳選手は、早朝から毎日1万メートルは泳ぐというし、
中国の卓球チームは単調なラリーを毎日8時間繰り返すという話もあります。

考えてみてください。
あのイチローよりバットを振っているアマチュア選手は
どのくらいいるのでしょうか。


とにかくまず量をこなして没頭してみること。

もしあなたが目指す方面で活躍している人がいたら、
「いったいこの人はどのくらい練習してきたのだろうか」と考えて、
その人より多くの練習をしましょう。


「才能」ウンヌンを語る前に、とにかくやってみること。


そうすれば、あなたもいつのまにか蝶になって
空を自由に舞っているかもしれませんよ!


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Success comes in cans, not cannots!”

成功というのは、「できない!」ではなく
「できる!」という思いの繰り返しによる結果だ、という感じか。


これは同僚の部屋の壁に貼ってあったもので、
「これいいねえ!」と同僚に言って、すぐ書き留めさせてもらいました。


こういうのは二重の意味があるから、
日本語に訳すとなるとちょっとうまくいかない。


“Success comes in cans”まで読むと、
「成功は缶(cans)に入ってやってくる」という意味だから、
一瞬「何だ?」、と思うけど、

“not cannots!”まで読むと、
“can” と“cannots”が対比されていることが分かり、

『「できる」と思えばできるし、「できない」と思えばできない』
ということをユーモアを込めて言い換えたもので、
成功というものの本質をよくついている。


つい“I can't do it!”とか
“I can't afford to do that!”と口にしてしまうと、
それは現実のものとなる。


そうではなくて、

“I can't!”(できない)と言う前に、
“How can I do it?”(どうやったらできるだろうか?)
と考える癖をつけよう。


きっとひとつひとつの缶(can)が積み重なって、
大きなものを創りあげることができるはず。


この言葉は、簡単な単語でできている短い文だけど、
この言葉を深いところで理解して、
日々の生活の中で口癖にすると、
人生を変えるだけのパワーが潜んでいると思う。

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Nothing happens unless first a dream.”

はじめに夢がなければ、何も生じない


アメリカの詩人カール・サンドバーグの言葉です。

とにかく何かをするには、
はっきりとした夢を描かなければいけません。


カズこと、サッカーの三浦和良は、
小さいころは特別目立った選手でもなく、体育の成績も悪かったそうです。

それでも、ブラジルに渡ってプロのサッカー選手になるんだ、
という確固たる夢を持っていたのです。

そして、高校1年を修了するのを待たずに、本当にブラジルへと単身でわたり、
後にプロ契約に至ったそうです。

その後から現在に至る彼の奮闘ぶり、他の選手へ与える影響、
サッカー界への貢献は、ご存知のとおりです。


現在の自分がどうだとかいうことは、関係ないんです。
どういうふうにしたらあなたの夢が実現するかということも、
最初は分からなくていいんです。それはあとからついてきます。


でも、何も世界一になるとか日本一になるといった
壮大な夢じゃなくてもいいんです。


英語の映画を字幕なしで理解できる!
英語を使う仕事に就いている!

というようなことでもいいんです。

自問してください。

「自分の本当の夢はなんだろう」と。




こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“I shut my eyes in order to see.”

私は見るために目を閉じる


ポール・ゴーギャンの言葉です。


画家は、ひとつの作品を2度描きます。

まずは頭の中に。

そしてキャンバスの上に。


そうです。目を閉じて、自分の描きたい絵を頭の中に描くのです。

それができたら、あとはそれをキャンバスにうつすだけです。


あなたも自分の未来を描きませんか?

それができたら、あとはキャンバスにうつすだけです。

時間がかかるかもしれませんが、難しいことではありません。


頭の中にしっかり描けていれば、あとはうつすだけですから。



こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


“Live as if you are to die tomorrow.
Learn as if you are to live forever.”

明日死ぬ運命であるかのように生き
永遠に生きるかのように学べ


マハトマ・ガンジーの言葉です。


もし自分が明日死ぬ運命だったら、どうするでしょうか。


今までお世話になった人に会ったり、電話したりして、
今までのお礼と挨拶をするでしょうか。

それとも飲んだり食べたり、全財産をパーっと使い果たして
快楽に浸るのでしょうか。

または、自分がこの星に生きた証を残すべく、
何か世の中のためになる行いを最期までするでしょうか。


あなたがもし明日死ぬとしたら、
今日観たテレビをまた観るでしょうか。

あなたがもし明日死ぬとしたら、
今日読んだ雑誌をまた読むでしょうか。

あなたがもし明日死ぬとしたら、
今日のように、家族や友人・周りの人に振舞うでしょうか。


私たちはいつこの世を去るか、誰にも分からないのです。
70年後かもしれませんし、明日かもしれません。


だから、時折「明日死ぬとしたらどうするか」ということを考えることは、
どのように生きるかを考える上で、とても効果的な質問だと思います。


しかし、もし明日死ぬとしたら、たとえば今晩、英語の勉強をしますか?

私だったら絶対にしません(笑)!
ほかに死ぬ前にやりたいことが山ほどあるからです!


ですから、「明日死ぬが如く生きよ」というのと同時に、
「永久に生きるが如く学べ」というガンジーの言葉は、
まさに的を得たものですね。

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


もうかれこれ6年くらい前になります。
誰が貼りつけたのか、職場の掲示板に
こんな言葉が書かかれた小さな紙が目に留まりました。


“What you see is always what you get.”


「みるものが、いつも手に入れるもの、だあ?」

簡単な文ですが、そのときは全くピンときませんでした。


それが最近になって急に、
その言葉が心の深いところでよく分かるようになったんです。


“What you see”というのがキーだったのです。

これはただ単に、目に見えるもの、という表面的な意味ではなかったんです。


あなたがどんなビジョンを持っているか、
またはどんな心構えで世の中を見ているか、
ということなんだと思うんです。


例えば、「世の中物騒だなー」と感じて世の中を見ている人には、
そういった事件ばかりがどんどんと舞い込んできますし、

「私はなんて恵まれた人間なんだ」と信じて
世の中を見ている人のもとには、
自分に起こるラッキーな出来事ことに気がつきますし、
ラッキーなことがもっとめぐってくるのです。


また、「英語をペラペラ話すなんてできないよ」、
という考えを持っていれば、
それが“what you get”、つまり現実的にあなたにおこることなのです。

逆に、今の自分は実際そうでなくても、
「英語なんて簡単簡単。英語の仕事はオレにまかせろ!」
という自分が見える人には、それが現実となるのです。


「自分はこんな感じの人間だ」という、あなた自身を見るあなたの目が、
今のあなたをつくりあげてきたのです。


あなたは今の自分で満足ですか?


もし答えがNO!であれば、What you seeを変えるところから始めましょう。

今の自分とかけ離れていてもいいんです。
もしあなたがよりよいあなたを心に強く描いていたら、
きっとそれが“what you get”になるのです。

◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!