新TOEIC超速スコアアップ法
英語マスターパーフェクトマニュアル

憶えるコツ!


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!



新しい単語や表現をパッと憶えてしまうときがあります。


それは、実際に英語で話しかけられたときに言われた言葉や、
好きな映画のワンシーンの言葉や、
誰か尊敬するスポーツ選手が言っていた言葉だったりします。


要は、ビジュアル的な印象とともに強烈に焼き付けられたり、
感動したり、びっくりしたり、怖かったり、というように、
感情の起伏があったときです。


こういった場面は、単調に単語集などをやっていては
ふつうありえないですよね。


じゃあ、作ればいいんです。


できれば単語だけではなく、文になっていたほうがいいでしょう。
そしてそれを読むときは、ただ読むだけではなく、
その文の意味をよく考えて、
そして感情を込めてその文を読んでください。


感情がこもると、忘れないんです。


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


英語を読むときも聴くときも、
頭にインプットされている英単語や熟語が少ないと、
それだけ理解できる機会が減るのは当たり前です。


基本的には、日々出会った単語や熟語を憶えるのが一番ですが、
それだと、あまり使われない表現などを憶えることに
労力を使う可能性もあるので、
必須単語や熟語を集めた本を使うのは手っ取り早く、
悪くないアイディアだと思います。


でも、そういったものを憶えるときには、コツがあります。
これを知らないと、大変な時間と労力を無駄にすることになります。


「新単語を1日5つ憶えよう」とか、
「熟語集を1日1ページ分憶えよう」というような
少しずつコツコツやる方法が考えられますが、
実は暗記に関して言うと、これは効率が悪く、
挫折する可能性がかなり高いんです。


では、どんな方法がいいのか。


それは、「多くの量を何度も繰り返す」ということです。


例えば、100個の新単語を憶えようとするとき、
「よ〜し、1日10個、書いて読んで、確実に憶えるぞ!」というやり方では、
全ての単語をカバーするまでに、10日かかるわけですよね。


ところが、人間の記憶というのは、けっこうたいしたことはないんです。
10日も経てば、最初のほうに憶えたはずの単語は
ほとんど忘れているのではないでしょうか。


それよりも、この方法のほうが確実に憶えられます。

100個の単語を憶えたければ、1日に100個の単語を見ましょう。
1日にやる量はあなたの時間次第です。
別に書いたりしなくてもいいんです。
書きたい人は書いてもいいですが、書くのは1、2回で十分。
それ以上書いても、あまり意味はありません。
100個もやるんですから、ひとつひとつにあまり時間をかけてはいけません。
パッと見ればいいんです。声に出せばさらにいいです。
例文がついていればそれをサッと読んでください。
意味がいくつもある単語は、その最初の例文の意味だけでとりあえずいいでしょう。


こんなやりかたを10日間繰り返してみます。
もちろん1日で全部憶えようとしなくてもいいんです。

でも、2日目、3日目・・・と、日を重ねるにしたがって、
だんだん憶えた単語も増えていきますから、
憶えていない単語に意識を集中できますし、
100個の単語をみる時間自体も短縮されていきます。

そうしたら、同じ時間で、1日に2回、3回くらい繰り返して、
100個の単語を見ることができるわけです。

そんな要領で10日間やります。


ペンキを薄く、何度も重ね塗りするような感じなんです。
広範囲を何度も繰り返す。詳しい脳の話などは省きますが、
これはどんな暗記物でも活用できますよ。


単語ばかり憶えたりするのは、個人的にはあまりしませんが、
中には試験などを控えて、限られた時間に憶えなくてはならない、
という人もいらっしゃるでしょう。


そういう方は、ぜひこの方法をお試しください。

◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!