英会話スクールに行かないでも英語を上達させる勉強法
最短距離で話せるようになる英会話訓練法

トップページ書く!着実に書く力を伸ばす方法【英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話「英語でハッピー!」】

書く!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!


みなさんの中には、英文を読むのはある程度できるけど、
実際に自分で書くのはちょっと・・・、という方が多いと思います。

その原因は、
・書くだけの英文が頭の中に蓄積されていない。
・書く練習をしていない。


このふたつにあると思います。

「読む」という行為は、本でも雑誌でもネット上の記事でも
比較的やりやすいことなんですが、

「書く」というのは、自分の頭をフル回転させて、
ペンを握って、またはキーボードを打って・・・と能動的に行なう行為なので、
なかなか普段やらないんですよね。



では、どうすれば、上手に書けるようになるのか。

答えはシンプルです。

「書けるようになるには、やはり実際に書くこと。」

これしかありません。

書く力というのは、やはり実際に書くことなしでは
なかなか力をつけることができないんです。

一番とっつきやすい方法は、英語で日記をつける方法です。
私も留学当初やっていました。

その日一日の出来事、そしてその感想など、
素直に思いついたことを英語にしていけばいいのです。

最初から長文を書こうとすると挫折しますから、
最初は、数行でいいんです。小学生の日記のようでもいいんです。
無理をしないでください。続けることが肝要です。

実際に自分で書くようになると、日ごろ英語に触れるときにも、
無意識に書くための素材を集めるアンテナが働きだすんです。

本を読んでいても、「こう書けばいいのか〜」というように、
単なる読み手だったのが、書き手側の視点も持つようになるんです。


そして、さらに大事なことがあります。

それは

「書いた文章を、誰かにみてもらうこと」

です。

ただ自分で書くだけでもかなり力はつきますが、
誰かに添削してもらうと、その10倍、100倍の効果があります。

お金をかけたくなければ、最近はネット上で添削しあうサイトなど、
いろいろと出てきているようですので、
そういったものを利用するのもいいでしょう。


「腹筋50回、背筋20回、ヒップアップ20回を3セット」を
毎日やっているモデルの方がいますが、
これはお金も一切かかりませんし、
時間もそれほどかからない、やろうと思えばできることです。
でもこれをやっている人はごくわずかです。

それと似ています。

書く、ということはお金はかかりませんが、
習慣にするためにはある程度の努力が必要。

そして、努力した分は、必ず自分に還ってくるのです。


いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!

トラックバックURL
この記事へのコメント
1. ととりん   2009年02月18日 11:38
すごく興味ある内容で、ぜひ添削していただきたいのですが、ボタンを押すと商品番号がエラーですとの表示がでてきます。もう、されていないのでしょうか。
2. トニー   2009年02月18日 22:11
ととりんさん

リンク切れのお知らせありがとうございました!
今調べたところ、以下のリンクで見られました。
http://muryo.peraperaeigo.com/index.php?kinben

やはり書くというのは大事ですよね。ぜひ登録してみてくださいね!

トニー
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!