英会話スクールに行かないでも英語を上達させる勉強法
最短距離で話せるようになる英会話訓練法

トップページ心に留めておきたい言葉!マイルスデイビスの言葉【英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話「英語でハッピー!」】

心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!

"Do not fear mistakes. There are none."
           Miles Davis


このオヤジの言うことはカッコいい。
失敗を恐れるな。そんなもんないんだから。」

ひとつのスタイルに固執することなく
常にクリエイティブでありつづけ、
65歳でこの世を去ったトランペット奏者、マイルス・デイビス
ジャズを聴かない人でもどこかで聞いたことのある名前かもしれません。


英会話というのは、練習を積み重ねて培ったものを活かして、
人々と即興で英語という言葉のやりとりをするということですから、
ジャズミュージシャンが音のやりとりをするのと似ていると思います。

そんな中で、「失敗」してしまうこともあるでしょう。
しかしそれはそのときの自分の状態から必然的に起こったこととも言えます。

よく「失敗なんてない。学びの経験があるだけだ」という話を聞きますが、
マイルス・デイビスの言葉はそれとはまたちょっと違う感じを受けます。

「ちょっと思っていたのと違ったかも知れないけどよ、
 それはそれでアリなんじゃないのか?さ、次いこうぜ、次。」

と元気づけられている感じがします。

そういえば、彼の自叙伝もカッコいいです。
Miles (Picador Books)

書き出しからマイルスです。

"Listen. The greatest feeling I ever had in my life 
-with my clothes on- was when I first heard Diz and Bird together
in St Louis, Missouri, back in 1944."

訳してみるとこんな感じでしょうか。

「あのな、俺が今までの人生で最高に気持ちよくなったのはな、
(あ、もちろん服を着てての話だけどな、)
1944年にミズーリ州のセントルイスで、
ディジーとバードが一緒にやってるのを聞いた時さ。」

(ディジー:ディジーガレスピー。トランペット奏者。
バード:チャーリーパーカー。アルトサックス奏者。)

マイルスが話すのを3日間録音し、それをまとめたもののようで、
まるでマイルスが話しかけているような感じがします。
ジャズが好きな方、マイルスが好きな方は読んでみてください。

やはり無理に英字新聞なんて読んだりするより、
自分に興味がある本を読むのがオススメです。

私は読んでませんが、日本語版も出ているようです。
マイルス・デイビス自叙伝

Somethin' Else
Somethin' Else
素晴らしい。


☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
Have a great day!


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!