英会話スクールに行かないでも英語を上達させる勉強法
最短距離で話せるようになる英会話訓練法

トップページ心に留めておきたい言葉!ウィンストン・チャーチルの言葉!【英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話「英語でハッピー!」】

心に留めておきたい言葉!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!
"We make a living by what we get,
            but we make a life by what we give."
  
 Winston Churchill


人は得ることで生活していくことはできるが、
人に与えることで真の人生を生きることができる。


これは第二次大戦時の英国首相であるウィンストン・チャーチルの言葉です。


英語がうまくなったらあれもしたい、
これもしたいといろいろと夢を持つことは
モチベーションを保つためにはとても大事なことですよね。


最初のうちは、
「英語で自分が何をしたいか、何が欲しいか」
ということを明確にしていれば十分だと思います。


でも、それがだんだん
「自分が英語を使うことによって、
ほかの人に何を与えられるか、または何をしてあげられるか」
というように考え方が変わってくるのではないかと思います。


こんなことを書くと「なにカッコつけてんだ」と言われてしまいそうですね!


もちろん私も欲しいものだらけの人間ですが(笑)、
「与える」ということは、ハッピーになるための
とても重要な要素だと思います。


あなたは英語を身につけて、この社会に何を与えたいですか?



☆☆☆☆☆
いつもありがとうございます! 
最後に優しくポチッとランキングにご協力をお願いします!
Have a lovely day!


トラックバックURL
この記事へのコメント
1. KEN   2008年02月12日 21:41
トニーさん、こんにちわ!
英語は世界で一番使える共通語、中国語は世界で一番人口の多い人たちが使っている言葉。その二つの言語を使って世界の素晴らしい人たちとの交流をし、成長が出来たら最高だな!と思っています。
2. トニー   2008年02月13日 02:55
5 KENさん、毎度コメントありがとうございます!
10以上の言語を操るピーターフランクル氏も、英語の次は中国語をやるといいと言っていたと思います。西洋の言語とアジアの言語の両方を学ぶということは、世界の見方のバランスも取りやすくなるでしょうね。

オーストラリアでも、どんな小さな町に行っても中華料理店がありますし、本当にどこにでも中国系の人が住んでいるというがいる感じがしますね。
そういえば昨日は妻が中国系インドネシア人の家にお邪魔してランチをご馳走になってきたと言ってました。KENさんのように中国語ができたら、より多くの人と交流できて楽しいでしょうね!
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!