英会話スクールに行かないでも英語を上達させる勉強法
最短距離で話せるようになる英会話訓練法

トップページ実践しよう!使える英語を身につけるコツ!

実践しよう!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

突然ですが、あなたは英語ペラペラになりたいですか?

実はそれはそんなに難しいことではないんです!

わたしも英語にはいろいろと試行錯誤してきましたが、
あまり難しい単語は使わなくていいや、と最近思うようになりました。

9年前、留学当初は1日に50回から100回は辞書を引き、
単語帳を作っていました。

先日部屋を整理していたらその懐かしい単語帳が出てきたので
久々に見てみました。

そしたらナント!


いまだに調べた単語の6割以上分かりませんでした・・・。


9年間、毎日英語を話してきたのに、
自分が留学当初の1年間に作った単語帳に載っている単語の
6割が分からないのです!
一生懸命憶えたはずの単語たちは、
私の記憶の彼方へ消え去ってしまったのです。

でも私のコミュニケーションスキルが
当時と比べたら格段にアップしたということは確かです。
それは、簡単な会話ができる力がついたからだと思います。

なぜなら、基本的に人々はあまり難しいことを喋って
生活しているわけではないんです。

要するに、あまり難しい単語は無理して憶えなくてもいいということ。
よく言われるように、中学英語でいいんです。本当に。

何でも万能に話せる必要はないんです。
中学英語に自分の専門分野のボキャブラリーを
ちょっと足せばそれでいいのです。

たとえば、私は、政治のことについて
英語で誰かと討論しようとはあまり思いませんし、
そういったボキャブラリーもあまりありません。

でも自分の専門分野、得意分野の語彙は、ふつうの人よりあるでしょう。
こういった専門用語は難しいと考える人がいますが、実はその反対。

同じ分野の本を読んだり、話を聴いたりしていると、
同じ単語が何度も出てきます。
ですから自然に必要な単語は覚えていくものです。


ここからが重要です。


みなさんは、
英語で誰とどんなコミュニケーションを図りたいのでしょうか?
どんなことについて英語で語りたいのでしょう?
どんな情報を手に入れたいのでしょう?
そして、どんな夢を叶えたいのでしょうか?

それをリストアップしてみてください。

そしてそれに番号をふり、優先順位を決めてください

優先順位の第1位が「ビジネスのメールの書き方」なら、
それに関する本やウェブサイトなどを徹底的に読むのです。
仕事で使う英語なら、いったいどんなことを話すのか、
そこに焦点を絞って学習していけば、上達が早いです。

大事なのは、優先順位の上位3位くらいに集中して、
あとはとりあえず切り捨てること。

私は自分の興味のある分野のオーディオブックや
講演を繰り返しよく聴きます。


これによって、

「中学英語+自分の得意分野のボキャブラリー」

というのが出来上がります。

それでいいんです。

そして実際に日々の生活や仕事で英語を使う中で、
徐々にほかの分野の言葉を憶えていけばいいのです。

最初から何から何まで分かろうとしていると、挫折します。

それはまるでピアノの初心者が
ジャズもクラシックもポップスも弾きたいといって練習しているようなもの。

的をしぼりましょう。
そして残りはとりあえず捨てましょう。
そしてまず自分の得意分野についてペラペラ話せるようになる。
それが最終的にいちばんの近道だと私は思っています。


☆☆☆☆☆
いかがでしたか?
最後にポチッとランキングにご協力をいただけると励みになります!
今日もありがとうございました!
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!