英会話スクールに行かないでも英語を上達させる勉強法
最短距離で話せるようになる英会話訓練法

トップページ話す!ちょっとした違い【英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話「英語でハッピー!」】

話す!

こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!

けんじさんという方の「、けんじで楽しく英会話!」という
素晴らしいブログを拝読していたところ、

『電話の音声対応などで「#を押してください」という
音声ガイダンスがありますよね。
これは sharp でも number でもありません。
この場合は「#」はpoundといいます。』

と書いてありました。

初めて知りました(笑)。日々勉強です。
オーストラリアでは「#」はほとんどの場合hashと言われます。

オーストラリアは単語レベルではやはりイギリス英語に近いんでしょうね。

そういった違いはいろいろあります。

たとえば、文の終わりの「.」マーク、終止符ですが、
日本では米語中心だと思うので、私も学校でperiodと習いましたが、
オーストラリアに来て、英語学校で先生にfull stopと言われ、
最初は「何だ?」と思いました。

基本的なところでは、アルファベットのZです。
日本ではアメリカ式にZは「ズィー」と発音すると思いますが、
オーストラリアでは「ゼッド」です。

モノの名前になると、例えば蛇口なんかはtapといいますが、
アメリカではfaucetというように、全然違う単語を使いますよね。
これをあげたらキリがないのでここではあげませんが、
毎回こういった違いを知るのは、ちょっとした楽しみでもあります。



トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. ビジネス 英会話  [ 英会話口コミ教室 ]   2007年08月03日 12:11
翻訳(日→英)への翻訳どういうわけか、英語が大の苦手のわたしが英語圏に赴任す...翻訳(日→英)への翻訳どういうわけか、英語が大の苦手のわたしが英語圏に赴任することになりました。小さい会社なので、現地での通常業務の他に日本からの社員の通訳や書類の翻訳もしなく...
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!