英会話スクールに行かないでも英語を上達させる勉強法
最短距離で話せるようになる英会話訓練法

トップページ英語学習教材英語学習教材の選び方【英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話「英語でハッピー!」】

英語学習教材


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効く
「英語でハッピー!」のトニーです!



何かを学ぶとき、どんな教材を使うか、というのはとても重要なこと。


しかし、「どんな教材がいいですか?」と訊かれても、
「ひとそれぞれです」としかいいようがない。


「どの食べ物が一番おいしいか」という質問の答えが
ひとつではないように、ひとそれぞれの性格や、英語のレベル、
生活スタイル、金銭的余裕などいろいろな要素が絡んでくるので、
「この教材だけあればカンペキだ」というのはない。


それだけに、教材を選ぶというのは、
英語学習の中でも大事な位置を占める部分だと思う。


その際に気をつけてほしいことがいくつか。


高校の先生が絶賛していたため私が受験勉強で愛用した
有名某問題集を、以前ネイティブスピーカーに見せたら、
間違いや古い表現が多くて笑われました!


ですから、日本人だけによって作られた教材は避けたほうがいいでしょう。
ネイティブスピーカーがチェックを入れていないと、
「こんな言い方しないよ」といったような間違いが出てきたりします。


そして、もうひとつは、「自分の習熟度にあったものを選ぶ」ということ。
これはとても大事。

ネイティブ・スピーカーが英語学習者用に書いたテキストを
すすめる人も多いでしょう。なぜなら、ヘンな間違いや、
使わない表現を掲載したりはしないからです。

しかし、それらは中級以上の人にはいいかもしれませんが、
初級レベルの人がそういったものを使うと、たいてい挫折します。

できれば、自分には少しやさしいかな、というレベルの教材からはじめ、
だんだんとレベルアップしていったほうが、
基礎固めにもなりますし、挫折しづらいです。

私は変なプライドからか、むずかしめの教材を買い、
見事に挫折したことがあります。けっこうな出費でした・・・。


基本的には誰もが、「お金をかけずにうまくなりたい」
と思っていると思います。


いい教材、悪い教材は、必ずしも教材の価格と比例しません。
安い教材でも、素晴らしいものはたくさんあります。
同時に、少々値の張る教材でもいいものはたくさんあるのです。


英語の勉強をする場合、自分にあったいい教材で効率よく学ぶのと、
お金をケチって、いまいち自分とは合わない教材で学ぶのとでは、
一定のレベルに達する速さがだいぶ違うと思います。


つまり、お金という目に見えるものをケチって
自分に合った教材を手に入れないがために、
時間というもっと貴重なものを無駄にしている
ということに気づかない場合もあるのです。


私は、基本的に、自分に投資したものは、何十倍もの価値になって
自分に返ってくると、自分の経験からも、周りの人を見ていても思います。
(自分に投資するといっても、自分の服とかバッグとかを買うという
イミではないですよ!自分の経験・成長のための出費です!)


もしかしたら、手ごろな値段であなたにぴったりの教材が
みつかるかもしれませんし、もっと高い教材で
あなたにぴったりのものがあるかもしせません。


「ネイティブの協力なしで作られた教材は基本的には避ける」
「自分の習熟度にあったものを選ぶ」

この2点に気をつけて、ご自分にあった教材をみつけてください!



トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!