英会話スクールに行かないでも英語を上達させる勉強法
最短距離で話せるようになる英会話訓練法

トップページ読む!音読は特効薬!【英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ「英語でハッピー!」】

読む!


こんにちは!
英検・TOEIC・ビジネス英語・英会話に効くブログ
「英語でハッピー!」のトニーです!


音読というのは、効きます。

かなり効きます。

はっきり言って、日本語で育った日本人が、
大人になってから英語を聞き流しただけで
英語ができるようになるわけはないのです!

これは断言できます。

まして読めるだけでなく喋れるようになりたいのであれば、
黙読だけでは文字通り、話になりません(笑)。


テキストと音声がセットになっているものを使用し、
頭で理解しつつ、多くの量を何度も繰り返し声に出して読む。

こういった正攻法が、いいんです。

私も学生時代に、この方法を始めたら、
3ヶ月ほどで偏差値40台から70台に伸び、英語が好きになりました。


黙読ではなく、音読をおすすめするのには、こんな理由があります。

・いわゆる「返り読み」をしなくなり、文の頭からそのまま理解する習慣がつく。
したがって、読解のスピードが上がる。

・音読に慣れれば滑舌が良くなり、同時に読むスピードがあがる。

・音読は脳を活性化させる。(これは近年よく言われていますね。)

・声に出して読むことで、自分がナレーターや主人公になった気分になり、
英語の世界に浸れる。

・目(視覚)からだけではなく、耳(聴覚)からも同様に情報を入れることができる。

・英語を聴き、それを真似て読むことで、英語のリズムが身につく。

・英語をしゃべる筋肉が発達していく、などなど。


日本語の場合、速読をするときには音読は妨げになるということがいわれますが、
ネイティブの人たちが英文を音読する速さで文を読めるようになれば、
もうそれは十分な速さだと思います。

CDの音声を聴きながら字を追っても、
「どこを読んでいるか見失ってしまった」
なんてことはありませんか?

それくらいくらいのスピードで読むことができたらもうとりあえず十分です。
もちろん、後々リーディングのテクニックを身につける必要性が
出てくる人もいるかもしれませんが、それはかなり上のレベルです。


では、音読にはどんなテキストが向いているのか。

それは、「その人にとって読む価値があると思うもの」、です。
これは人それぞれです。

大好きな映画の台詞を読んでもいいでしょうし、
ストーリーを読むのが好きな人もいるでしょう。

興味のない内容を何度も読みたくはないですから、
やはり自分が好きなものを読む、これが基本です。

それに、その人の英語のレベルも大きく関わってきます。
あまりに難しすぎても挫折してしまいます。
適度に分からない部分が含まれていて、
何度も繰り返し読むのに耐える良書であることも大事です。
そして、その内容が、

「感動した!」、「かっこいい!」、「ステキ!」、「面白い!」

と思える、魅力あるものでなければなりません。


私が最初に音読したものは、 “I have a dream”で有名な、
アメリカのキング牧師の演説でした。
初めてその演説を聴いたときは感動のあまり涙を流しました。
(もちろん聴いてそのまま理解できるレベルではありませんでした。
スクリプトを読みながら、です。)

演説の録音に入っている、聴衆の盛り上がりも臨場感があります。
それを毎日聴き、キング牧師になりきって、感動しながら大声で読んだのです。

そしたら、3ヵ月後に自分でもびっくりするくらいの効果がありました。


とにかく、だまされたと思って音読してください。


絶対効きます。


効かないわけはないのです。

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
◎ごあいさつ◎
こんにちは、トニーです!
オーストラリアを拠点に、
愛する家族と大切な仲間とともに、
ハッピーな毎日を送っています!

「英語をモノにしたい!」
「夢を実現させたい!」
という意欲のある方に役立つ
ブログを目指しています!

どうぞよろしくお願いします☆

  -----------------------------
相互リンク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
相互リンクの方々をご紹介!
コチラからお願いします!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気blogランキングへ参加中!
いつもありがとうございます!
あなたのクリックでブログが育っています!